お知らせ

お知らせ

ペグサイドチェーンによるブロックチェーンイノベーションの実現

この記事では、“サイドチェーン”と呼ばれるブロックチェーン技術について最初に提案された論文 を要約することでサイドチェーンについて解説していきます。 : Enabling Blockchain In...
お知らせ

一般誕生日問題 k-sum を解くための k-tree アルゴリズム

はじめに この記事では、一般化された誕生日問題である k-sum 問題を解くための k-tree アルゴリズムを紹介します。まず、この記事で多用する排他的論理和の性質と記号の定義を挙げ、k=4のときの k-sum 問題と k-tree アル...
お知らせ

ビットコイン・ネットワークにおけるオーファントランザクションの特徴

本稿では、この論文を扱います。 この記事で紹介する内容 ビットコイン・ネットワークにおけるトランザクションの一種であるオーファントランザクションがビットコインネットワークにどのような影響を与えるのかについて、上記の論文を用いて紹介する。 ...
お知らせ

紛失通信プロトコルを利用した積和変換

はじめに この記事では秘密計算の一種である積和変換プロトコルを紹介します。まず積和変換プロトコルの概要を述べ、次にそのプロトコル内部で使われる別のプロトコルである紛失通信プロトコルについて述べます。その後積和変換プロトコルを説明し、積和変換...
お知らせ

論文解説: SABRE: Protecting Bitcoin against Routing Attacks

今回は以下の論文について解説する。 概要 BGP ハイジャックなどを利用したネットワークルーティング攻撃が現実的になっている今日において、ブロックチェーンはこの攻撃に対して脆弱な存在である。この論文では SABRE というセキュアで拡張可...
お知らせ

論文解説: Hijacking Bitcoin: Routing Attacks on Cryptocurrencies

この論文では、ルーティング攻撃による暗号通貨の影響についてまとめられている。 暗号通貨に対する既存の攻撃には以下のようなものが挙げられている。 二重使用攻撃 Selfish Mining 攻撃 Eclipse 攻撃 トランザクション展性 ...
お知らせ

BOLT #4: Onion Routing Protocol

概要 この文書は、オリジンから目的ノードまでたどるために使われるオニオンルーティングされたパケットの構造について解説している。そのパケットはホップと呼ばれるたくさんの中間ノードを通過している。このルーティングスキームは Sphinx 構造...
お知らせ

論文解説: Fast constant-time gcd computation and modular inversion

本稿ではこの論文を扱います。 この記事で紹介する内容 電力解析などのサイドチャネル攻撃に対する防衛策として、入力の値にかかわらず一定の時間(constant-time)でGCDを計算する需要がある。ここでいうconstant-timeは入...
お知らせ

BIP141 : Segregated Witness

SegWit とは? SegWit とは、BIP141 において提案された Bitcoin の規格である。BIP141 では witness というトランザクションマークルツリーから別々にブロックをコミットする構造を定義しており、署名スク...
お知らせ

BOLT #3 : Bitcoin Transaction and Script Formats

ここでは、署名が有効であることを保証するために双方が合意する必要があるオンチェーントランザクションの正確なフォーマットを詳述している。これは、資産トランザクション出力スクリプト、コミットメントトランザクション、HTLC トランザクションで構...
タイトルとURLをコピーしました